スイーツは美容にわるいの?

私はもともとスイーツが大好きでした。
毎日、忙しく過ごしていると、甘いものがどうしても欲しくなってしまいます。
甘いものを食べている時だけが至福の時でした。

 

でも、甘いものを食べすぎると糖化が進んで、肌を老化させてしまうのです。

 

それを知ってからは、なるべく甘いものを減らしたり、運動をするようにしました。

 

 

 

もしあなたが「甘いもの大好き!でもいつまでもキレイでいたい!」

 

と思うなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

 

 

甘いものを食べると糖化するの?

 

ケーキや甘いパンなどの糖質が多いものばかりを食べていると、糖化を引き起こす原因になります。
糖質の過剰摂取は糖化だけじゃなく、肥満や糖尿病のリスクもあるし、あまり良いことではないですよね。

 

 

糖化とは、食べ物から摂取した糖質と、体内のたんぱく質や脂質などとが結びつくことをいい、それによって生成されるのが肌老化の原因になる、糖化生成物と言われるものなのです。

 

糖化生成物のAGEsは、肌を糖化させて次のような症状を引き起こします。

 

 

・肌が黄色くなる
・コラーゲンやエラスチンが生成されにくくなる
・肌のハリやツヤがなくなる
・シワやたるみが目立つ
・肌がごわごわして硬くなる

 

 

このような肌の糖化は、放置しておくとどんどん進んで、もう元には戻れなくなります

 

紫外線対策をしたり、化粧品でしっかりスキンケアしていても、糖化によって肌が老化してしまうことも多く、最近は特に酸化より糖化が注目が集まっているのです。

 

 

酸化は肌がサビるといいますが、糖化は肌が焦げると表現します。

 

つまり、糖化はケーキやパンなどが焦げるのと同じで茶色くなってしまう現象を言うのです。

 

→糖化におすすめの化粧品ランキング

 

 

 

甘いものや炭水化物!こんな食べ物は要注意です

 

糖質が高い食べ物ばかりを食べていると糖化を引き起こしてしまいます。

 

糖質がエネルギーに変換されずに、体内に溜まってしまうとたんぱく質と結びつく可能性が高くなるのですね。

 

糖質が高く、糖化につながる食べ物はなにもスイーツだけではありません。

 

食後の血糖値の上昇値を表すGI値という数値がありますが、このGI値が高い食品は要注意です。

 

特に、よく食べているものの中でも高GI値の食品はこちらです↓

 

・白ご飯
・赤飯
・食パン
・ベーグル
・ショートケーキ
・ホットケーキ
・大福餅
・アイスクリーム
・クッキー

→糖化につながる食品と糖化を防ぐ食べ物

 

 

これらの食べ物は、日々当たり前のように口にしていますが、あまりにも食べすぎると糖化を招く原因になります。

 

さらに、野菜や肉類などを食べずに、糖質が多いものばかりを食べていると、糖化のリスクが高まります。

 

 

でも、、、忙しいとどうしても炭水化物がメインか、ストレス解消に甘いものばかりを食べてしまうんですよね。

 

朝食はわざわざ、ご飯ものを食べるよりも、パンを食べる方が楽なので、ついつい菓子パンを食べたりしていました。

 

 

しかし、糖化を防ぐには栄養バランスを摂ることと、甘いものなどの糖質の摂りすぎを防ぐことが、改善のカギとなります。

 

 

 

また、清涼飲料水にも注意です。

 

ジュースや炭酸飲料は、すごく美味しくてスイーツとも相性抜群ですが・・・特に人工甘味料は、ブドウ糖の約10倍も糖化のリスクを上げるので、絶対に飲んではいけない飲料水なのです。

 

 

甘いものがやめられないなら・・・

人間が生きていく上のエネルギー源として、糖質は絶対に必要なので、糖質を0にするのは絶対に禁物です。

 

ただ、以前の私のように、糖化の原因になるとわかっていても、なかなか甘いものをやめられない場合は、次のような対策をするのがおすすめです。

 

最初は、これらの対策を続けるのが大変でしたが、最近はようやく日課として行えるようになりました。

 

 

間食は果物や芋類にする

間食にケーキやアイスクリームばかりを食べていると、間違いなく糖化体質になってしまいます。

 

他に甘いものといえば、果物がありますよね。

 

果物は適量なら、そんなに糖質が高いわけではなく、食物繊維も含まれているので血糖値の上昇が比較的緩やかです。

 

また、サツマイモなどの甘い芋類にも食物繊維がたくさん含まれているので、糖化防止の間食におすすめです。

 

 

 

お茶やコーヒーで一息いれる

忙しい時は、ホッと一息入れたくなりますよね。

 

そんな時こそ、甘いものが欲しくなりますが・・・温かいティーやコーヒーを飲むと不思議と落ち着きますから、甘いもの防止に最適です。

 

温かいものを飲むと、血流が良くなるのでリラックスできます。それによって、砂糖依存症を少しでも改善できますよ。

 

糖分が欲しいなら、コーヒーや紅茶に少量の砂糖を入れて飲むといいでしょう。

 

缶コーヒーやペットボトルの紅茶は、砂糖の量がかなり多いのでご注意を!

 

 

 

ビタミンB1を多く摂る

豚肉や大豆、うなぎなどに多く含まれているビタミンB1には、糖質の代謝を上げる働きがあります。

 

甘いものを食べるのなら、ビタミンB1も積極的に摂りましょう。
それによって、糖質がエネルギーに変換されやすくなります。

 

 

→糖化を防ぐ食べ物や飲み物についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

ストレスは運動で発散する

ストレスを甘いもので発散しようとしていたのが、そもそもの間違いでした。
ストレスを発散するなら、やっぱり運動がいいです。

 

運動をすれば基礎代謝も上がるので、エネルギー消費がスムーズになりますね。
糖質も脂質も体内に余りにくくなるので、糖化を確実に防げます。

 

運動がキライ!という方はジムやヨガ教室などに通うのもありですよ!

 

 

 

まとめ

 

スイーツ大好きな方は、糖質の過剰摂取による糖化を引き起こす可能性が高いでしょう。
すでに、黄ぐすみや肌の老化が気になる方は特に注意しましょう。

 

 

40歳をすぎると、肌老化がどんどん進んでいきます。
「しわくちゃババァ」にならないためには、食事や生活習慣の見直しがとっても大切になります。

 

甘いものや白いご飯やパンを控えて、野菜を多く取り入れれば、体型維持にもつながるし病気のリスクも減るでしょう。

 

 

シワやたるみ、ほうれい線などが気になるなら、スキンケアも見直したほうがいいでしょう。
忙しいから、面倒くさいからといって、オールインワンタイプの化粧品を使っていませんか?

 

オールインワンタイプは楽ちんですが、やはり効果は薄いです。

 

いつまでもキレイな肌でいたいなら、やはり化粧水・美容液・乳液を使い分けるのがベターです。

 

 

 

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料