コラーゲン入の化粧品は効果がないって本当?

エイジングサインの代表、しわ、ハリ・弾力の低下に関わっているのが、コラーゲンとエラスチンです。

 

コラーゲンとエラスチンは、ベッドに例えると、コラーゲンがベッドのふかふかの繊維部分、エラスチンがバネの部分になります。
どちらかが欠けていたり、傷んでいると、ベッドは弾まずふかふかではなくなります。
お肌も同じです。

 

では、コラーゲンが入っている化粧品を使えば、お肌のコラーゲンは補えるのでしょうか。
それは間違いです。

 

化粧品に含まれるコラーゲンは、直接お肌のコラーゲンになるわけではないからです。
コラーゲンドリンクなどもありますが、飲んだところでお肌のコラーゲンにはなりません。
分解されてタンパク質になり、アミノ酸になります。

 

化粧品に入っているコラーゲンにはお肌の保湿効果があるので、コラーゲン入りコスメが意味ないというわけではありません。
コラーゲン入りコスメでしっかり保湿し、お肌をふっくらさせることで、お肌にハリ感を与えることができます。

 

また、コラーゲン自体ではなく、“コラーゲンやエラスチンの生成・修復を助ける”成分が入っているコスメがあります。
そのような成分には、プラセンタやビタミンCなどいろいろな種類があります。

 

しかし、日本の薬事法上、化粧品に“コラーゲンやエラスチンの生成・修復を促す”とは表記できないため、そのようなコスメを探すのは難しいです。

 

それと同時に、やはり薬事法で認められていない以上、“コラーゲンやエラスチンの生成・修復を促す”という研究結果がある成分が入っていても、化粧品に入っているものが必ずしもそのような効果があるとは言えません。
ですので、「もしかしたらコラーゲンとエラスチンが増える(または修復される)かも!」というスタンスで使用するのがよいでしょう。

 

シミには美白化粧品が効果的!

そして、エイジングサインの大きな悩みの1つ、シミ
シミなどに良いとされる、ホワイトニング化粧品は、“メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ”または“日やけによるしみ・そばかすを防ぐ”の効果の承認を受けたものであれば、そのように表記されています。
この場合、一定のシミ改善効果が国に認められていることになります。

 

シミがあると、ぐっと年齢が上がって見えてしまいます。
さらに、国に認められている効果を考えると、エイジングケアで最優先するべきアイテムは、“メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ”ものだと言えるでしょう。

 

また、なかなか自分ではお手入れの効果が感じられないもの。
長いスパンで使い続け、コスメカウンターで肌チェックを受けに行き、数値で効果を確認してみるとよいかもしれません。

 

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料