ちりめんジワを消したい!目尻や目の下のシワ取りの方法は?

 

目の周りってすぐに乾燥してシワシワになりますよね。

 

若い時はそこまででもなかったけど、30代の後半くらいから目尻や目の下のシワが気になり始めました。

 

 

特に、目の下やまぶたは皮膚がすごく薄いので、もともとデリケートな部分です。

 

だからこそ、すぐに乾燥してシワシワになるのですね。

 

 

目の下のシワが特にひどくて・・・シワ取りはエステとか美容外科に行った方がいいかな?と思いましたが、やっぱりお金がかかるので、毎日のケアでシワ取りをすることにしました。

 

ここでは、お家でできる目尻や目の下のシワ取りの方法をご紹介します。

 

 

 

目尻や目の下のシワの原因は?

 

目尻や目の下にシワができるのは、乾燥だけではありません。

 

乾燥対策はやっぱり保湿が命なので、必死で保湿ばかりしていたのですが・・・それだけではダメだったようです。

 

 

ここで、目尻や目の下のシワのよくある原因をご紹介します。

 

 

 

乾燥

 

目尻や目の下のシワの原因でダントツに多いのが乾燥です。

 

触ってみるとよくわかりますが・・・目の周りの皮膚って本当に薄いですよね。

 

皮膚が薄いということは、セラミドや天然保湿因子などの保湿成分が存在する角質層も薄いということなので、それだけ乾燥しやすいのですね。

 

乾燥すると、刺激も受けやすくなるので皮膚にダメージが蓄積してシワができやすくなるのです。

 

 

目の酷使による疲れ

 

パソコンやスマートフォンで目を使いすぎると、目の疲れが溜まって血行が悪くなったり、筋肉が凝ります

 

すると、新陳代謝が悪くなるのでさらに乾燥しやすくなりシワができてしまいます。

 

また、目の疲れによって視界がかすむと、目を細めるようになるので表情グセでシワができやすくなります。

 

 

紫外線からのダメージ

 

皮膚が薄い部分は、角質層のバリア機能も低いので紫外線からのダメージも受けやすいのです。

 

実は、目尻や目の下のシワの原因は、紫外線の影響が75%もあると言われています。

 

よく考えてみると、それって加齢の影響よりも高いことになりますから・・・しっかりUV対策と保湿をしなければいけませんよね。

 

 

紫外線は、目の周りの薄い角質層にさらにダメージを加えて乾燥させてしまいます。

 

さらには、その奥にある真皮層にまで入り込んで、コラーゲンなどのハリ成分を壊してしまうので、目の下などに深いシワができるリスクが上がります。

 

 

 

目尻や目の下に小じわが深いシワになる可能性も?!

 

目尻や目の下のシワには、段階があります。

 

深くなって消えにくいシワは、数日間でできたものではなく、段階を踏んでできてしまったものなのです。

 

 

最初は、角質層の乾燥や表情グセ、紫外線のダメージで小じわ程度だったシワが、肌の奥にある真皮層のコラーゲンなどのハリ成分が減少して深いシワになるのです。

 

 

真皮層のコラーゲンなどのハリ成分がなくなる原因は「加齢」「紫外線からのダメージ」が多いです。

 

 

最初は、肌の表面の角質層に刻まれていたシワが、加齢や紫外線からのダメージで深いシワを作ってしまうのですね。

 

 

エステや美容外科でも目尻や目の下のシワ取りができる?

 

エステや美容外科でも、目尻や目の下のシワ取り施術があります。
どれも効果がありそうですが、、、費用が高いんですよね。

 

 

エステの目尻や目の下のシワ取り方法

 

エステでの目の周りのシワ取りケアは、フェイシャルエステが基本です。

 

フェイシャルエステには種類がありますが、目の下などのシワ取りには「ラジオ波+冷却」や「生コラーゲンの導入」などが多いです。

 

 

費用は、5回の施術で8万円?10万円程度です。

 

1回は1万円?2万円程度ですが、1回では効果が出ないことが多いです。

 

 

美容外科の目尻や目の下のクマ取り方法

 

美容外科は医療機関なので、厚生労働省承認のヒアルロン酸などの注射で目元にハリを与える施術がほとんどです。

 

エステでは得られない即効性があり人気ですが、ヒアルロン酸は3ヶ月ほどで体内に吸収されるので、ハリを持続するためには3ヶ月に1度施術を受けなければいけません。

 

 

費用は5万円?10万円程度で、3ヶ月に1度はこの費用が必要になるので、かなりお金がかかりますね。

 

 

 

お家でできる目尻や目の下のシワ取り方法とは?

 

 

エステや美容外科は、とてもじゃないですけど費用的に続けるのが無理なので・・・私は次のようなシワ取り方法をお家で続けています。

 

みなさんもよかったら試してみてくださいね!

 

 

セラミド配合化粧品でスキンケア

 

目尻や目の下の完走を防ぐなら、やっぱりセラミド補給が一番です。

 

角質層が薄い目の周りはセラミドの不足で常に乾燥しやすくなっています。

 

 

セラミドには種類がありますが、おすすめは人間のセラミドに似せたヒト型セラミドです。

 

さらに、分子をナノサイズにして吸収力を高めたヒト型セラミドがかなりおすすめです。

 

 

ヒト型セラミド配合のスキンケア化粧品の成分表には、「セラミド1」や「セラミド2」などのセラミドに番号がついた成分名で載せられています。

 

セラミド配合の化粧水や乳液、美容液でしっかり保湿対策すれば、小じわの段階なら消えてくれますよ!

 

私の場合は、かなり目尻のシワが深くなっていましたが、目の下のシワはまだ小じわだったので、セラミド配合化粧品でちゃんと消えてくれました。

 

→ちりめんジワにおすすめの化粧品ランキング!セラミド配合でしっとり潤う

 

 

アイクリームでスペシャルケアを

 

化粧水や乳液のスキンケアだけでは、目尻や目の下のシワが解消されないなら、アイクリームでのスペシャルケアも必要です。

 

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、コラーゲンなどが存在する肌の奥の真皮層にある保水成分です。
いつものスキンケア化粧品はセラミド配合のものにして、アイクリームはヒアルロン酸配合にすると、角質層も真皮層も水分たっぷりに潤って目の下のシワを解消してくれます。

 

 

パルミチン酸レチノール、酢酸レチノール

 

パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールは、ビタミンAのことで、肌に浸透させるために誘導体になった成分です。

 

パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールには、真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞に働きかけでハリをアップする効果が期待できます。

 

 

ペプチド

ペプチドは、いくつかのアミノ酸が繋がって構成されている成分で肌馴染みがよく浸透しやすいです。
主に、肌のハリやツヤを出す成分なので、目尻や目の下のシワ取りに効果的です。

 

 

まとめ

 

目の周りに必要な成分をしっかり補給して、目尻や目の下のシワ取り対策をすれば、ふっくらした目元も夢ではありません。

 

できるだけシワが深くなってしまう前にシワ取り対策を始めるべきですね!

 

まずは日頃のスキンケアから始めていきましょう。
セラミド配合化粧品でしっかりと潤いを与えてあげれば、ちりめんジワケアができますよ。

 

目元のシワが深くなってきしまったら、アイクリームの使用も考えてみてください。

 

スキンケアではどうにもならない!と感じたら、エステや美容外科という選択肢もあります。
費用は高めですし、通い続けないと効果がでないので、なかなか難しいところですが。

 

 

40歳50歳になってもきれいな肌で!と思うなら、日頃のスキンケアが大切です。
オールインワンが流行っていますが、やはりしっかりとケアするには、化粧水や美容液、乳液、クリームと別れている方がベストです。

 

まずはトライアルセットで自分にあった化粧品探しをしてみてください。

 

→ちりめんジワに効く化粧品はどれ?人気コスメと選び方

 

当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料