ちりめんジワにおすすめのアイクリームはどれ?

皮膚はたったの2mmしかなく、表面のバリア層と言われる角質層は0.2mmしかありません。

 

しかも、目の周りの皮膚は特に薄く、普通の皮膚の4分の1しかありません

 

 

だからこそ、ちりめんジワができやすいのでアイクリームでのケアが必要です。

 

まずは、乾燥を防いで刺激から守ることを優先したいですね。

 

ここでは、ちりめんジワ対策のためのアイクリーム選びについてお話しします。

 

 

>>医学誌にも掲載された、2,980円の話題アイクリームはこちら

 

 

 

ところで、アイクリームは必要なの?

 

アイクリームの必要性は、人によって意見が違うのかもしれません。

 

ちりめんジワを作りたくなければ、絶対にアイクリームを使わなければいけないわけではありません。

 

 

例えば、次のような症状があるときにアイクリームの使用をおすすめします。

 

・目の周りが乾燥する
・目の周りが時々かゆい
・目尻や目の下にシワができるようになった
・笑うと目の周りにシワがたくさんできる
・目の下にクマやたるみが出るようになった
・瞼のたるみがきになる

 

このような症状を放置しておくと、目の周りのちりめんジワが本格化して深いシワになってしまう可能性もあります。

 

 

先程も言ったように、目の周りは、他の部位の皮膚と比較すると、4分の1の薄さしかありません。

 

皮膚が薄いと外からの刺激を受けやすいので、紫外線や外気、コスメなどの影響でさらにシワができやすくなってしまいます。

 

 

その刺激から守るためにも、アイクリームを使った保湿や保護が必要になるのですね。

 

私の場合は、ずいぶん長い間、目の周りの乾燥を放置していました。

 

そのせいで、目尻のシワが深くなってしまい、気づいてからすぐにアイクリームを使用したのです。

 

 

それでなんとか間に合いましたが、もう少し放置していると、もっと対策が困難になっていたかもしれません・・・。

 

 

ちりめんジワにおすすめなアイクリームの選び方

 

 

ちりめんジワは浅いシワなので肌の表面にある角質層が乾燥してシワができている可能性が高いです。

 

目の周りは皮膚が薄いので、もともと角質層も薄く、皮脂腺も少ないので皮脂による保護力も低いです。

 

つまり、肌のバリア機能がかなり低いのですね。

 

角質層は、「細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」「皮脂膜」によって構成されていて、この3つの働きがバランスよく保たれていないければ、肌が乾燥してちりめんジワができやすくなるのです。

 

そんな目の周りに必要な成分は次の通りです。

 

 

セラミド

セラミドは角質層の中の「細胞間脂質」に必要な保湿成分です。

 

もともと、私たちの肌に存在するものですが、年齢やその他の影響でだんだん減少してきます。

 

アイクリームに配合されるセラミドには「天然セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」の4種類があります。

 

この中でおすすめなのは人間のセラミドに性質を似せたヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは、「セラミド1」「セラミド2」など、セラミド+数字という成分名で表示されています。

 

 

アミノ酸

 

アミノ酸も角質層に必要な成分です。

 

アミノ酸は「NMF(天然保湿因子)」の維持のために必要な成分で、NMFはアミノ酸をはじめ、乳酸ナトリウム、尿素、PCAなどで構成されていますが、NMFの6割がアミノ酸で原料にもなっています。

 

 

コラーゲンの生成を促すMGAって何?

 

残念ながら、過去の私のようにちりめんジワから深いシワになってしまった・・・という人も多いようです。

 

ちりめんジワのうちは、アイクリームでセラミドやアミノ酸を補給すれば改善されるのですが、深いシワになるとそう簡単には解消してくれません

 

それは、なぜか?

 

ちりめんジワは肌の表面にある角質層にできた浅いシワなのですが、そこからさらに進行すると、その奥にある真皮層にまで及ぶ深いシワになってしまうからです。

 

真皮層には

 

・コラーゲン
・エラスチン
・ヒアルロン酸

 

の3種類のハリ成分があります。

 

これらの成分も年齢とともに減少してくるので補っていかなければいけません。

 

 

そこで最近注目されているのが「MGA」という成分です。

 

「MGA」はコラーゲンを補うのではなく、コラーゲンの生成を促す効果があります。

 

さらに、ビタミンC誘導体の一種なので、新陳代謝の促進や抗酸化作用、メラミン生成を抑える作用が期待でき、目の周りのちりめんジワだけではなく、目の下のクマにも効果があるのです。

 

 

アイクリームはMGA配合のアイキララがおすすめ!

 

私は、話題の「MGA」が配合されたアイキララを使っています。

 

かれこれ半年くらいは使っていますが、目の周りのちりめんジワや目の下のクマが気にならなくなりました。

 

 

目の下のクマは、血行不良だけではなく目の下の皮膚が痩せてできていることもあります。

 

まさに、私がその状態でかなりのコラーゲン不足だったのですが、アイキララを使ってからは、目の下もふっくらしてクマもちりめんジワも解消されました。

 

 

それまでは、コンシーラーなどで目の下のクマやちりめんジワを隠していましたが、さすがに限界で・・・。

 

アイクリームのアイキララを使って半年で、目の周りのちりめんジワや目の下のクマが解消されたのでメイク時間も半分になりました。

 

 

特に、目の周りに年齢を感じてきた人にアイキララをおすすめしたいです。

 

医学誌にも掲載されて効果抜群です。

 

→モニターの80%がその効果を実感!『アイキララ』

 

 

3,000円以下で購入できるので、まずは試してみてくださいね♪

 

 

こちらの記事もおすすめです

 

ちりめんジワは肌の乾燥が原因です。
しっかり保湿して肌の潤いを保ち、美肌を保っていきたい方のコスメ選び。

 

→ちりめんジワや乾燥対策にオススメの化粧品はこれ

 

 

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料