まぶたのたるみ、なんとかしたーい!

 

最近ではスマホが生活必需品の一つになっているので「スマホを使わない時間」を作ることが大変だと思います。

 

しかし、スマホばかりを見ていると、顔やまぶたのたるみ、ジワを作ってしまいます

 

スマホを使っている時は、うつむいて猫背になっていますよね?つまりそれが大問題なのです。

 

ここでは、まぶたのたるみやシワの原因や対策についてお話しします。

 

 

まぶたのたるみやシワはスマホが原因?

 

 

 

スマホを見ていると無意識に猫背になりますね。
顔も俯き加減になって、頬や口角も下がります。

 

うつむいてスマホを長い時間使っていると、顔の皮下脂肪がどんどん下がっていくので、顔がたるみやすくなるのです。

 

 

顔全体がたるむと、重力で顔全体の筋肉が下に引っ張られるのでまぶたのたるみやシワも発生しやすくなるのです。

 

また、スマートフォンの使いすぎによる目の疲れが加わると、血行不良や乾燥でたるみやシワが出やすくなります

 

さらにスマートフォンばかり使っていると視線が下向きになるので、まぶたの筋肉を使う機会が少なく加齢とともに筋力がダウンして、まぶたにたるみやシワができてしまうのですね。

 

 

姿勢の悪さと顔のたるみの関係

 

顔のたるみと姿勢の悪さは、実はつながっています。猫背になると、顔は確実にたるみやすくなるのです。

 

その証拠に、最近は顔が下にたるんでいる20代の女性が多いですよね。

 

それは、姿勢の悪さによって顔がたるんでしまっているからなのです。

 

 

スマートフォンを長時間利用していると、背中が丸くなるので背中や腰の筋肉が衰えます。

 

すると、肩甲骨が下がって骨盤や腰骨に歪みが出てきて、さらに猫背が悪化します。

 

 

頭は、首から背中に筋肉やリンパ腺、骨によってつながっているので、背中や腰の筋肉の衰えや骨の歪みがそのまま顔に反映されます。

 

 

顔がたるんでいるのは、顔だけに問題があるのではなく、背中や腰の筋肉や骨格が原因になっているかもしれません。

 

もう一度、毎日の姿勢をチェックして正してみる必要がありますね。

 

顔のたるみが、まぶたのたるみやシワに繋がっていかないように背中や腰の状態からチェックして行くのも一つの対策方法です。

 

 

まぶたのたるみやシワを取る対策を3つ紹介

 

それでは、私も毎日やっているまぶたのたるみやシワを取る対策方法を3つご紹介します。

 

まぶたのたるみやシワが少しでも取れるだけで、見た目年齢がかなり若くなりますよ!

 

まぶたのたるみを消すツボ押しマッサージ

 

ツボ押しマッサージはどこでもできるのが嬉しいですね。
私はテレビを見ている時やお風呂に入っている時に、まぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージをやっています。

 

それでは、まぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージの方法をご紹介しますね。

 

 

1. 眉のちょうど真ん中あたりに親指の腹を押し当てます。
ここは「魚腰(ぎょよう)」というツボです。心地よいと思えるくらいの力でぐーっと押しましょう。

 

2. 同じく親指の腹で眉を押し上げるようにしながら眉に沿って移動しながら20回ほどマッサージします。

 

3. 目尻よりも1cmほど外側にくぼみがあり、そこに「瞳子りょう(どうしりょう)」というツボがありますから、人差し指の腹で軽く押します。

 

この2つのツボは、まぶただけじゃなく目の周りのたるみや小じわにも効果的です。

 

参考動画↓

 

 

まぶたの筋肉を鍛えるトレーニング方法

 

次に、衰えてしまったまぶたの筋肉を鍛えてたるみを解消するトレーニング方法をご紹介します。

 

これは、眼輪筋という目の周りの筋肉を鍛えるトレーニング方法です。
目の周りの筋肉を鍛えることでまぶたの筋力がアップして、たるみやシワの改善につながります。

 

 

1. 人っし指で目尻を引っ張り5秒間目を閉じる

 

2. 斜め上に引っ張り5秒間目を閉じる

 

3. 斜め下に引っ張り5秒間目を閉じる。

 

眼輪筋を鍛えると目力もアップします。
メイクをしなくてもパッチリと大きな目になれるので、目力アップエクササイズとしてもおすすめです。

 

参考動画↓

 

 

猫背を矯正するエクササイズ

猫背も矯正すれば、顔のたるみが改善されて、まぶたのたるみやシワの解消につながります。

 

猫背を矯正するエクササイズはすごく簡単です。

 

両腕を思いっきり上げて体を伸ばし、つま先立ちをして10秒間くらい静止します。

 

これだけで、背中のコリも取れて猫背になりにくくなります。

 

 

まとめ

まぶたにたるみやシワがあると、せっかくのアイシャドウの発色が悪くなり、ムラができてしまいますよね。

 

アイシャドウの種類によっては、まぶたのたるみやシワが余計に目立ってしまうことがあるので、普段からの対策が大事です。

 

私は、お家でできるまぶたのたるみやシワの対策を始めてから、だいたい3ヶ月くらいで目元にハリが戻ってきました。

 

毎日コツコツ続けていれば、必ず成果が出ますので、是非トライしてみてくださいね。

 

 

→シワやたるみにおすすめの化粧品ランキング

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料