コラーゲン配合化粧品の本当の効果とは?ハリを取り戻す方法は?

コラーゲン配合の化粧品を使っているのに・・・シワやたるみが戻らない・・・。

 

もう、オバさんだし、あきらめるしかないのかな?と思い込んでいませんか?

 

 

実は、コラーゲン配合の化粧品では肌のハリは戻りません

 

もっと違う方法で対策しなければ、シワやたるみは解消できないのです。

 

今回は、コラーゲン配合化粧品の本当の効果と肌のハリを取り戻す方法をご紹介します。

 

 

肌のコラーゲンが減少するとシワやたるみが起こる

 

最近、シワやたるみが目立つな・・・と悩む年齢は、だいたい40代前後からではないでしょうか?

 

私自身も、シワやたるみに深刻に悩み始めたのは、40代に入る少し前からでした。

 

 

20代の頃は、あんなにハリがあった肌が40代にもなるとシワシワに・・・。
鏡を見るのも嫌になったので、メイクをするのも楽しくなくなりました。

 

 

残念ながら、もともと肌にあるコラーゲンは年齢とともに減っていきます。

 

40代になると、急激に女性ホルモンも減るので、コラーゲンも一緒に減ってしまうのですね。

 

 

だから、40代前後?シワやたるみに悩む女性が多くなるのです。

 

でも、年齢だけが関係しているわけではありません。
紫外線や生活習慣の乱れでもコラーゲンは減少するので、若くてもシワやたるみに悩む女性が増えているのです。

 

 

女性ホルモンとコラーゲンの関係

実は、女性ホルモンのエストロゲンとコラーゲンの量は密接に繋がっています。

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、コラーゲンの量と関係してるのはエストロゲンです。

 

 

エストロゲンは、女性らしい体や肌、髪を保つために不可欠なホルモンです。

 

 

また、妊娠しやすい体を作るためにも重要なホルモンですから、なるべく減らないようにしなければいけません。

 

コラーゲンの面から見ても、コラーゲン生成や分泌を促す働きを持っているので、エストロゲンはすごく貴重な存在です。

 

 

でも、エストロゲンは40代?急激に減っていきます

 

これは、女性の体の構造上、どうにも出来ないことなのですね。
女性は、50代前後で閉経しますから、それに伴い、妊娠しやすい体を作る必要性がなくなるため、悲しいですがエストロゲンは減っていくのです。

 

それによって、コラーゲンが今まで以上に作られにくくなるのですね。

 

 

紫外線を浴びるとコラーゲンはどうなる?

コラーゲンはエストロゲンの減少だけではなく、紫外線を浴びたダメージによっても損傷して減少していきます。

 

これは、年齢に関係なく起こる現象なので、若い女性でも紫外線対策には気を配らなければいけません。

 

 

紫外線を浴びると、肌に大量の活性酸素が発生します。

 

その活性酸素は、肌のコラーゲンの構造を壊して、不規則な結びつきにしてしまうため、肌のハリが保てなくなるのですね。

 

しかも、コラーゲンは肌の奥にある真皮層のハリ成分の7割を占めています。

 

だからこそ、コラーゲンが減ったり壊れたりすると・・・ハリが大幅にダウンしてしまうのですね・・・。

 

 

 

コラーゲンは飲んだり塗っても意味がないの?

 

コラーゲン配合のドリンクや化粧品、サプリなどがたくさん販売されていますね。

 

私も、シワやたるみが目立つようになってから、ドリンクも化粧品もサプリも試してみました!
でも、、、結果は残念なことに、変化なし

 

シワやたるみがピーンとしてくれることはありませんでした・・・。

 

 

そう。
コラーゲンは、飲んだり塗ったりしてもハリが戻ることは、ほぼありません!

 

悲しいことに、コラーゲンは分子が大きいんですよね。

 

だから、飲んでも塗っても肌の奥に吸収されて、コラーゲンとして機能するのはかなり難しいことです。

 

 

塗るコラーゲンの場合、ナノサイズのコラーゲン配合の化粧品だとしても、仮に肌の奥まで届いても、そのまま人間と同じコラーゲンとしてハリ成分になってくれる確率はかなり低いです。

 

だって、人間のコラーゲンと化粧品に配合されているコラーゲンは、似ていますが別物なので・・・。

 

 

そして、飲むコラーゲンの方は、体内から吸収するので、コラーゲンとして肌に定着してくれそうな気がしますが、これもかなり確率が低いです。

 

というのも、コラーゲンは体内で消化されるとアミノ酸に変化します。

 

だから、吸収されたとしてもアミノ酸として吸収されるので、コラーゲンとして機能してくれないのですね。

 

 

私も一時は、コラーゲン補給にこだわって、いろんなサプリやドリンク、化粧品を試したので、この事実を知って結構落胆しました・・・。

 

 

でも、それが事実なのです。

 

 

化粧品のコラーゲンの効果は保湿 !

 

塗るコラーゲンにはハリを取り戻す効果は期待できません

 

でも、コラーゲン配合の化粧品で「肌がふっくらした。」「肌にツヤが出た。」などの口コミを見つけますが、「やっぱりコラーゲンでハリが出たのでは?」って思ってしまいますよね?

 

 

でも、口コミは嘘ではないはずです。

 

色々調べてわかったのですが、コラーゲンを塗ることでハリじゃなく潤いが出るのですね。

 

つまり、保湿できるということ。

 

 

コラーゲンには、保水力があります。

 

 

水分を吸収して蓄えてくれる力を持っているのです。

 

肌の奥にコラーゲンが届かなったとしても、表面側にはちゃんととどまってくれます。

 

その表面側の保湿成分として機能してくれるから、コラーゲンによって肌を保湿できるのです。

 

 

さらに、ナノサイズのコラーゲンの場合は、肌の奥に水分を届ける役割まで果たしてくれるので、肌の内側からふっくら感を感じられるようになります。

 

つまり、これが口コミで多い「肌がふっくらした。」「肌にツヤが出た。」の現象なのですね。

 

 

保湿の基本はセラミド補給!

 

コラーゲンを補給すれば、保湿できるのは事実ですが、その前に忘れてはいけないのがセラミドです。

 

セラミドは、肌の表面側の角質層にある保湿成分で、肌のバリア機能にも関わってくる成分です。

 

 

私たちの肌の表面にある角質層は、たったの0.02mm程度しかありません。

 

そこにセラミドが存在して、一生懸命、湿度を保ってくれているから、外からの刺激に負けずみずみずしい肌が保てるのです。

 

 

コラーゲンでいくら保湿をしても、セラミドのように肌のバリア機能を保ったり向上させてくれることはありません。

 

コラーゲンで保湿するのはNGだと、言っているのではないのですよ!

 

セラミドを補給してから、コラーゲンでさらに保湿すると、パーフェクトは保湿ができると言っているのです。

 

 

つまり、セラミドを優先した保湿をした方が、良い肌質を保てるのですね。

 

保湿成分の基本は、セラミドだということをしっかり頭に入れておきましょう。

 

 

肌のコラーゲンを増やすのが大事!

肌のハリを増やしたければ、コラーゲンを補給するのではなく増やす方向のケアをすることです。

 

コラーゲンを増やす方法はいくつかあるので、ここでご紹介しますね!

 

 

コラーゲンを増やす成分を補給する

 

コラーゲンを補給する化粧品ではなくて、増やす成分が配合された化粧品を使いましょう。

 

最近流行っているのは、コラーゲンを増やす化粧品です。
コラーゲンを補給する化粧品は、もう古いのですね・・・。

 

コラーゲンを増やす効果が確認されている成分は、こんな感じです。

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲン生成に必要で、補給することでコラーゲン生成を促せます。
ビタミンC誘導体や、さらに浸透率が高いAPPSなどはコラーゲン生成に不可欠なので積極的に取り入れたいですね。

 

 

ナイアシン

ナイアシンは、ビタミンB3の一種です。
コラーゲンを生成するときには、ビタミンCも必要ですが、ビタミンB3も同じように必要です。

 

だから、ビタミンCと一緒に補給することでコラーゲン生成がスムーズになり、コラーゲン増加につなげていけます。

 

レチノール(ビタミンA)

レチノールは、目元の美容液によく配合されている成分ですね。

 

ビタミンAの一種で、コラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きを活性化する効果を持っています。

 

線維芽細胞の働きが活性化されると、コラーゲン生成率が大幅に上がるので肌の弾力がアップしますよ!

 

 

女性ホルモンのエストロゲンを増やす

 

女性ホルモンのエストロゲンを増やす努力もコラーゲン増加につながります。

 

エストロゲンは、コラーゲンの生成を促すホルモンなので、エストロゲンを増やすとコラーゲンも増えやすくなるのですね。

 

 

エストロゲンを増やす食事をする

エストロゲンを増やす食材を積極的に摂れば、コラーゲン生成率が上がります。

 

エストロゲンを増やす効果が期待できる食材は

 

 

・大豆製品
・亜麻仁油
・オリーブ油
・しそ油
・ザクロ

 

などです。

 

 

大豆製品やザクロには、エストロゲンに似た性質を持つ成分が含まれています。

 

それを補給することで、エストロゲン代わりになって体内ではt来てくれるのです。

 

油の中でも脂肪になりにく良質な亜麻仁油やオリーブ油、しそ油などはエストロゲンを作る原料になるので、摂りすぎない程度に補給しておきましょう。

 

 

感動する

泣いたり笑ったりの喜怒哀楽や、映画などを見て感動するとエストロゲンが分泌されやすくなります。

 

 

恋愛をする

実際の恋愛でも、バーチャルな恋愛でも、ドキドキときめくような恋愛でエストロゲンを増やせます。

 

 

リラックスする

ストレスを溜め込むとエストロゲンはどんどん減っていきます。
音楽を聴いたり、アロママッサージやアロマの香りを嗅ぐなどでリラックスする時間を持つことで、エストロゲン減少を抑えられます。

 

 

成長ホルモン分泌を促進する

 

成長ホルモンはアンチエイジングでもかなり重要な存在です。

 

その名の通り、成長に関わるホルモンなので、減っていくと老化が早くなります。

 

 

成長ホルモンとコラーゲンも繋がっています。

 

成長ホルモンが減ると、コラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きが悪くなるのでコラーゲンはどんどん減っていきます。

 

 

逆に、成長ホルモンを増やす努力をすれば、コラーゲンはどんどん増えていきます。

 

成長ホルモンを増やす方法は、この通りです。

 

 

良い睡眠を取る

 

成長ホルモンは睡眠しなければ分泌してくれません。

 

長い時間眠ればいいわけではなく、成長ホルモンが分泌される午後10時〜午前2時を狙って眠るのが大事です。
眠る1時間前までには入浴を済ませて、良質の睡眠を取りましょう。

 

 

アルギニンの補給

鳥のムネ肉や豆類に含まれているアルギニンという成分が成長ホルモンの分泌を促してくれます。
積極的にアルギニンを補給しましょう。

 

 

筋トレ

少しきついかも?と思えるくらいの筋トレが、成長ホルモンを分泌させるのにおすすめです。

 

筋トレをすると、筋肉痛になりますね。
その筋肉を修復させるために成長ホルモンが分泌されるため、筋トレが効果的なのです。

 

ちなみに私は、毎日スクワットを10回くらいするようにしています。

 

 

まとめ

コラーゲンは補給するのではなく増やす時代です。

 

年齢を重ねるほど、コラーゲンを補給しても効果は期待できず、どんどんシワやたるみが進行していきます。

 

コラーゲンを増やす対策で、ピーンとした肌を取り戻しましょうね!


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料