ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、1950年代からある美白成分。
「肌の漂白剤」とも呼ばれているほど、美白効果が高いとされています。
2001年の薬事法改正前までは、病院にいかないと手に入らないものでした。

 

ハイドロキノンには、紫外線によるシミ、そばかす、ホルモンバランスの乱れによるシミ、炎症による色素沈着(虫刺されやニキビ跡など)を薄くする効果があります
日本でも、病院でのシミ、そばかすの治療に使われている成分です。

 

現在は、病院にいかなくても、ハイドロキノン配合の化粧品が販売されているので、気軽に入手することができます。

 

病院で処方されるハイドロキノンと、化粧品に配合されるハイドロキノンの違いは、濃度。
もちろん、病院で処方されるものより、化粧品に配合されているものの方が、濃度が低くなっています。

 

ハイドロキノンの副作用や注意点

 

美白効果が高いとされているハイドロキノンですが、実は不安定な成分でもあります。

 

化粧品に配合される美白成分には、厚生労働省が認可している10個の成分がありますが、ハイドロキノンはこの中に含まれません。
ハイドロキノンには、光毒性、アレルギーの報告があり、絶対安心できる成分ではないため、厚生労働省は認可していないのです。

 

かといって、化粧品への配合が禁止されているわけでもありません。
厚生労働省はハイドロキノンを配合する場合、2%までを推奨しています。

 

 

 

ハイドロキノン配合化粧品を選ぶときのポイント

 

上記の注意点にもありますが、まだ実は不安定な成分。

 

実際には2%を超える高濃度のクリームも売られているので、注意が必要です。
濃度の高いハイドロキノンを自己判断で使用すれば、肌が赤くなったり、かぶれたり、肌の乾燥がひどくなったり、逆に色素沈着を起こしてしまうこともあるのです。
高濃度のハイドロキノンを使いたい場合は、必ず医師に相談の上で使うようにしましょう。

 

妊娠中の方や授乳中の方はハイドロキノン化粧品を使うなら専門医に相談しましょう。

 

 

また、シミの原因であるメラニンを排出するには、肌のコンディションを整えることが必要。
肌のコンディションを整えるための基本は保湿
ハイドロキノンだけにこだわらず、保湿効果がしっかりある化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料