エラスチン配合化粧品の効果は?増やす方法も知っておこう!

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドはよく知っていても、エラスチンのことはイマイチわからないという女子が多いのでは?

 

肌の真皮層という場所には、ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンがそれぞれの役割を果たしながら、肌のハリを保ってくれています。

 

今回は、その中のエラスチンが配合された化粧品の効果や特徴についてお話しします。

 

 

エラスチンの役割とは?

 

エラスチンは、肌の真皮層でバネのように働いている弾力繊維です。

 

 

まるで網のように張り巡らされていて、バネのような弾力があるので、肌にもハリが生み出されています

 

 

肌のハリ成分といえば、コラーゲンが有名です。

 

 

でも、エラスチンの方が性質的に弾力があるのです。

 

 

コラーゲンと同じく、たんぱく質の一種でコラーゲンに絡みついたような状態で網状に張り巡らされているのが特徴です。

 

 

もしも、エラスチンが不足すると、お肌のハリを支えているバネがなくなるので、肌全体的にしぼんだ感じになってしまいます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸がしっかり補給されていても、エラスチンが少ないと支えがなくなるので、ハリも保てなくなるのです。

 

 

 

コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸の関係

 

コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸は、肌の真皮層というところに一緒に存在しています。

 

肌には、「表皮」「真皮」「皮下脂肪」の3つの層があって、それぞれに保湿成分や弾力成分が配置されています。

 

 

 

真皮層では、コラーゲンとエラスチンが互いに引っ張り合うことでハリが保たれており、その間をヒアルロン酸が埋めるように配置されて保水しています。

 

この3つの成分が互いに役割を果たして初めて、肌のハリが保たれるのですね。

 

だから、どれか一つでも欠けてしまうと肌のハリは無くなってしまうのです

 

 

 

化粧品に配合されているエラスチンの効果

 

コラーゲンやヒアルロン酸も揃って初めてちゃんと機能できるエラスチンですが、配合されている化粧品の効果は、保湿がメインです。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸にも同じことが言えますが、エラスチンも分子が大きいので真皮層までは浸透できないのですね。

 

 

だから、表皮層にとどまって保湿してくれるのが、エラスチン配合化粧品の役割になります。

 

エラスチンは、水分を抱え込んで保湿する働きを持っています。
この特性も、コラーゲンやヒアルロン酸と同じなのです。

 

 

存在する層は違いますが、表皮層のセラミドも水分を抱え込んで存在する保湿成分です。

 

ですから、セラミドと一緒にエラスチンも補給すると、よりパーフェクトな保湿が見込めます。

 

 

エラスチンに副作用はあるの?

 

エラスチンは安全性が高く、副作用がほとんどない成分として知られています。

 

 

化粧品に配合されているエラスチンの原料は、魚や豚、馬などの哺乳類などです。
化学合成成分ではないという意味で副作用はありませんが、稀に肌に合わずに肌荒れしてしまうことはあります。

 

なので、私の場合はエラスチンの化粧品を使う前に、必ずパッチテストをするようにしています。

 

 

エラスチンを増やすにはどうしたらいい?

 

エラスチンを補うだけではハリは生まれず、単純に保湿するだけになってしまいます。

 

しかし、エラスチンを増やす努力をすれば肌のハリを取り戻すことが可能です。

 

 

エラスチンを増やすためにはどうすればいいのか?

 

 

1番有力なのが、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している線維芽細胞という細胞の働きを活性化することです。

 

 

ビタミンやミネラルを摂る

 

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞は、ビタミンやミネラルを多く摂ることで働きが活性化します。

 

ビタミンやミネラルに共通している抗酸化作用で細胞の酸化を防げば、活性酸素にやっつけられて疲れていた線維芽細胞が、元気を取り戻します。
すると、エラスチンも多く作られるようになるのですね。

 

抗酸化作用を持つビタミンやミネラルは、次の通りです。

 

ビタミンC

レモン、アセロラ、キャベツ、いちご、キウイなど

 

 

ビタミンE

ナッツ類、大豆、アボガドなど

 

 

リコピン

トマト、グレープフルーツ、スイカ、柿など

 

 

アスタキサンチン

鮭、エビ、カニなど

 

 

ポリフェノール

赤ワイン、りんご、ココアなど

 

 

フラボノイド

玉ねぎ、シソ、緑茶など

 

 

βカロチン

緑黄色野菜

 

 

これらの食べ物をよく摂るように意識して、エラスチンを増やす食生活を心がけていきましょう。

 

 

 

適度な運動をする

デスクワークのような動かない仕事に就いている人は特に、適度な運動を心がけることで、エラスチンも増えますし、肌の新陳代謝もアップします。

 

 

激しい運動は活性酸素を増やすので、あまりおすすめできませんが、20分程度のウォーキングや軽いジョギングなどは抗酸化酵素が増えるので、逆に活性酸素を減らせます。

 

それによって、線維芽細胞の働きもアップするので、適度な運動はおすすめです。

 

 

エラスチンを減少を防ぐための生活習慣とは?

 

今のところ、お肌のハリに悩みはないけど・・・この先が心配な人は、すぐにでもエラスチンを減らさない生活習慣で対策をしていきましょう。

 

毎日の生活の中で、次のようなことをしていませんか?

 

 

ストレスを溜め込む

ストレスを溜め込むと、血管が収縮して血流がかなり悪くなります。

 

すると、細胞に栄養が行きにくくなるので、線維芽細胞の働きがすごく悪くなります。

 

もちろん、エラスチン自体も栄養不足で機能を保つのが困難になります。

 

 

また、ストレスは大量の活性酸素を発生させるので、線維芽細胞やエラスチンを酸化させてダメージを与えてしまいます。

 

 

紫外線対策がしっかりできていない

紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。

 

主に、肌に発生するのでエラスチンがダメージで傷つけられてしまいます。

 

せっかくのエラスチンを紫外線で壊してしまわないように、しっかりと紫外線対策をしておきましょう。

 

 

タバコを吸っている

タバコも実は、かなり活性酸素を発生させてしまう嗜好品です。

 

それだけではなく、血管も収縮させるので血流が悪くなり線維芽細胞に栄養が届きにくくなるのです。

 

エラスチンを減らしたくないのなら、タバコはやめるべきですね。

 

 

お酒をかなり飲む

適量のお酒なら問題はありませんが、飲みすぎると肝臓でアルコール分解されるときに大量の活性酸素が発生する恐れがあります。

 

お酒をやめる必要はありませんが、エラスチンを減らさないためにも適量のお酒を心がけましょう。

 

適量のお酒の量はビールなら500ml、ワインなら200ml、日本酒なら1合(180ml)、焼酎なら110ml、ウイスキーならWで60ml程度が目安です。

 

 

まとめ

コラーゲンやヒアルロン酸と同じように、肌のハリを保つためにはエラスチンが必要です。

 

でも、エラスチン配合化粧品では、エラスチンは補給できません。

 

 

エラスチンを増やしたいなら、生活習慣を変えることです。

 

そして、これ以上エラスチンを減らさないような習慣を身につけることが大事です。

 

10年後も若々しくいられるように、今からしっかり対策しておきましょう。

 

 

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料