エイジングケア効果のある成分はなに?

エイジングサインは、しわ、ハリ・弾力の低下などがあります。
しかし、これらの悩みを改善する方法は、薬事法的には“保湿”か“メイクアップ”しかないのです。

 

薬事法という法律では、化粧品の効能効果の範囲が定められていて、それを超える表現を使って商品を販売することは違法になります。
たとえば、“お肌をうるおいで満たし、ハリのあるお肌に整えます”と表現できても、“細胞を活性化して、お肌にハリを取り戻します”とは言えないのです。
細胞などの体の組織に影響を与えるような表記は、化粧品には認められていないためです。

 

というわけで、薬事法的には、しわ、ハリ・弾力をスキンケアで改善するには、高保湿成分が入っているものを選ぶのがよいことになります
高保湿成分の中には、セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなどがあります。

 

しかし、中には体の組織に影響を与える意味になる、“コラーゲンの生成を促す”成分が入っているコスメもあります。
それは、研究によって“コラーゲンの生成を促す”ことが分かっている成分であって、化粧品に入っているその成分が、必ずしもコラーゲン生成を促せるわけではありません。
期待して使ってみるかどうかは、あなた次第です。

 

エイジングサインのもう一つの主な悩み、シミについては、薬事法でも効果が認められている化粧品があります。
医薬部外品に分類されるもので、“メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ”と表記されているホワイトニング化粧品がこれにあたります。

 

メラニンの生成を抑える成分には、m-トラネキサム酸、コウジ酸、カモミラET、アルブチン、ビタミンC、プラセンタエキス、ハイドロキノンなどがあります。

 

それぞれ、メラニン生成へのアプローチの仕方に違いがありますが、どれが一番効くかはわかりません。
また、比較的すぐに美白効果が見られたり、肌が荒れてしまったり、人によっても合う・合わないがあるようです。

 

自分に合うエイジングケアコスメを見つけてみてくださいね。

アンチエイジング効果のある成分記事一覧

 

ハイドロキノンは、1950年代からある美白成分。「肌の漂白剤」とも呼ばれているほど、美白効果が高いとされています。2001年の薬事法改正前までは、病院にいかないと手に入らないものでした。ハイドロキノンには、紫外線によるシミ、そばかす、ホルモンバランスの乱れによるシミ、炎症による色素沈着(虫刺されやニキビ跡など)を薄くする効果があります。日本でも、病院でのシミ、そばかすの治療に使われている成分です。...

 
 

コラーゲン配合の化粧品を使っているのに・・・シワやたるみが戻らない・・・。もう、オバさんだし、あきらめるしかないのかな?と思い込んでいませんか?実は、コラーゲン配合の化粧品では肌のハリは戻りません。もっと違う方法で対策しなければ、シワやたるみは解消できないのです。今回は、コラーゲン配合化粧品の本当の効果と肌のハリを取り戻す方法をご紹介します。肌のコラーゲンが減少するとシワやたるみが起こる 最近、シ...

 
 

肌の保水成分でよく知られているヒアルロン酸。ヒアルロン酸自体は安価なものなので、配合化粧品もプチプラ化粧品が多いですね。保湿成分にはいくつかの種類があるので、それぞれの役割や特徴がわかりにくいと思います。今回は、ヒアルロン酸の役割や効果、化粧水や美容液について触れていきたいと思います。肌のヒアルロン酸の役割とは?肌に存在するヒアルロン酸の役割は、水分を保つことです。ヒアルロン酸が配合された化粧水は...

 
 

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドはよく知っていても、エラスチンのことはイマイチわからないという女子が多いのでは?肌の真皮層という場所には、ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンがそれぞれの役割を果たしながら、肌のハリを保ってくれています。今回は、その中のエラスチンが配合された化粧品の効果や特徴についてお話しします。エラスチンの役割とは?エラスチンは、肌の真皮層でバネのように働いている弾力繊維です。...

 
 

アイクリームによく使われるレチノールは、ビタミンAの一種です。配合率が高いと、少々刺激が強くなりますが、良い化粧品を選べば肌荒れすることはほぼありません。そのままのビタミンAですと、肌に浸透させるのは難しいのですが、誘導体になってレチノールという名前になっているので、肌にスーッと浸透して美容効果をもたらしてくれます。今回は、レチノール配合化粧品の効果や特徴、オススメの化粧品などについて、お話ししま...

 
 

美白成分としても、肌のハリをアップする成分としても有名なビタミンC誘導体。ビタミンCは美肌にとって不可欠なビタミンですが、昔は食べ物で摂取するしか方法がありませんでした。でも、肌に浸透しやすい構造のビタミンC誘導体になってからは、スキンケア化粧品に多く使用されるようになったのです。さらに、当初は1種類だったビタミンC誘導体も、最近ではパワーアップしたAPPSなど種類が豊富になってきています。今回は...

 
 

補う系の美容成分は、もう古いのかもしれません。私は、EGFやFGFという成長因子が登場してから、そう思うようになりました。EGF、FGFなどの成長因子は、美容成分というより細胞に働きかけてくれる因子です。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの補う系の成分ではなく、これらの美容成分を増やすように働きかけてくれる因子なのです。そこが、大きく違うのですね。今回は、数年前から話題のEGFやFGFの成長因...

 
 

強力な抗酸化作用やコラーゲン生成作用など、主に加齢肌に働きかけるパワーがすごいと話題のフラーレン。1996年にノーベル賞を受賞してから、世界から注目される美容成分となりました。日本で販売されている多くの化粧品にもフラーレン配合のものがあり、高価ですが効果が高いと評判です。今回は、フラーレン配合化粧品の効果や特徴、選び方などについてお話しします。フラーレンの効果って?フラーレンには、肌老化を急激に進...

 
 

モデルさんは、毎日1切れの鮭を食べていると言われるほど、鮭に含まれているアスタキサンチンには抗酸化作用があり、美容に効果的です。実は私も、アスタキサンチン補給のために毎日1切れの鮭を食べているのです!そして、アスタキサンチン配合の化粧品も使っています。今回は、アスタキサンチン配合の化粧品の効果や特徴、選び方などを詳しくご紹介します。アスタキサンチン化粧品にはどんな効果がある?アスタキサンチンにはビ...

 
 

ペプチドとはペプチドとは、アミノ酸が2つ以上くっついた構造のものの総称です。たんぱく質を細かくしたものが、ペプチドです。コラーゲンを例に説明しましょう。コラーゲンはたんぱく質の一種。たんぱく質は、分子がとても大きいものです。コラーゲンは、コラーゲンのままでは化粧品に配合しても、分子が大きすぎて経皮吸収されないので、分子を小さくして浸透するようにします。分子を小さくしたものが、コラーゲンペプチドです...

 
 

美容液成分で注目されているプロテオグリカンは、たくさんの美容効果を隠し持った美容成分です。成長因子のEGFに似た効果の他に、コラーゲンやヒアルロン酸を増加させる効果も持っているので、まさにエイジングケアにふさわしい美容液成分なのですね。今回は、プロテオグリカン化粧品の効果や魅力、選び方などをお話しします。プロテオグリカンの効果がすごい?プロテオグリカンは、ここ数年でかなり注目を浴びている美容成分で...