首イボに市販薬は効果があるのか?

「イボを取るならイボコロリでは?」そんな風に考える女子が多いです。

 

イボコロリはCMなどもやっていて知名度が高いです。
だから、イボ=イボコロリ!と考える方も多いと思いますが、それは間違い!

 

 

イボコロリは足のイボやタコの解消に使う薬ですよね・・・。部位が違うのに、使っても大丈夫かな?と心配になります。

 

 

そこで、首イボはイボコロリで解消できるのか?使っても大丈夫なのか?などについて調べてみました。

 

ここで、調べてみた結果をご報告します。

 

 

首イボの治療方法は?

首にできたイボの治療方法としては、液体窒素やレーザーが一般的です。
皮膚科や美容外科に行けば、液体窒素でジュッとしてくれたり、炭酸レーザーで焼いてくれます

 

 

ただ、何度か通わないといけないし、お金もそこそこかかります。

 

それに、液体窒素は痛い!

 

昔、ウィルス性のイボができた時に液体窒素をやったのですが、綿棒で幹部をジュッとするんですよね。
アレが結構痛い!しかも、4〜6回位通わないといけないから面倒くさいんです。

 

それなら、簡単に自宅でできる方法はないかとあれこれ探して、市販薬やクリームを試してきました。

 

 

首イボの治療方法を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

→首イボのとり方は?病院と自宅ではどっちがいいの?

 

 

 

首イボにイボコロリは塗っていいの?

 

結論から言うと首イボにイボコロリは塗らない方がいいです。

 

イボコロリは市販薬で有名で効き目があると評判ですが、足専用なのです。

 

 

イボコロリの市販薬のパッケージには、大きく足のイラストが描かれていますよね。
足のイボが痛そうなイラストで、まさにその通りの作用を持つ市販薬です。

 

イボコロリは、足の魚の目やタコ、イボに効果的な市販薬です。
サリチル酸という強い酸が配合されており、その威力で足の魚の目やタコ、イボを取ってくれるのです。

 

 

つまり、刺激が強い酸が入っているということなので・・・首に塗ったら大変なことになります。

 

首は、皮膚が薄くて刺激に弱い部位でもありますから、刺激の強い成分が入った市販薬を塗るとかぶれてしまう恐れがあります。

 

 

イボコロリの内服薬ならあり

市販薬のイボコロリには、実は内服薬もあります。
塗り薬には強い酸が使われているので、首には塗れませんが、内服薬なら安全なのでは?と気になってきて調べてみました。

 

 

結論から言うと、塗り薬よりは即効性はないかもしれませんが、首のイボにイボコロリの内服薬は効果があるかもしれません。

 

なぜならば、イボコロリの内服薬の主成分は、ハトムギの種から採取されたヨクイニンだからです。

 

 

首イボ対策には、ヨクイニンが主成分のジェルが多いです。

 

結構評判で、安全に首イボが解消できることと、首のスキンケアもできるとのことです。

 

 

ヨクイニンには、肌のターンオーバーを促す効果があります。

 

大人になってから首にできるポツポツとしたイボは、角質層の塊でもあるので、ターンオーバー促進が解消に役立ちます。

 

 

ヨクイニンを内服薬で摂取することで、体の中から肌の再生力を高められるので、首イボを安全に解消できるのです。

 

しかし、実際は直接首に塗らないので、効き目がゆるく、かなり時間がかかりそうなので、私は違う対策を探すことにしました

 

 

首イボ専用の塗り薬がある

 

イボコロリではないですが、薬局などで探すと首イボ専用の塗り薬もあります。
首イボ対策のための塗り薬で、ヨクイニンエキスや杏エキスが高配合されています。

 

 

ヨクイニンエキスや杏エキスの効果によって、首イボが柔らかくなり、ぽろっと取れて解消できると評判です。

 

塗り薬なので医薬品扱いとなり、配合されている成分も厚生労働省で認可されている安全性と効果が高い成分ばかりです。

 

アマゾンや楽天でも医薬部外品のクリームやオイルがありますよ!

 

 

私はオールインワンジェルでケア!

 

市販薬の首イボ解消の塗り薬は、確かに効き目がありそうですが、私は肌がもともと弱いので、オールインワンジェルでケアをすることにしました。

 

 

 

首イボ解消には、ヨクイニンエキスや杏エキスが最適なようで、私が選んだオールインワンジェルにもヨクイニンエキスや杏エキスが配合されています。

 

オールインワンジェルなので、塗り薬よりは効き目がゆるやかですが、肌に優しいのでやっぱりジェルにしました。

 

 

首イボ解消のオールインワンジェルに限らず、最近の化粧品の質はかなり高くなっています。

 

確かに、薬よりは効き目がゆるいのかもしれませんが、安心して使えますし、確実に効果を感じました。

 

 

毎日、首のスキンケアをするような感覚で塗り続けていたら、首イボは3ヶ月ほどでポロリとなりました。
いつの間にかなくなっていたので、見つけた時は驚きながらもあっけない感じがしました。

 

 

ヨクイニンエキスや杏エキスの効果で、首の部分のターンオーバーが促進されて、首のシワまでケアできましたよ。

 

首は年齢が現れる部位でもあるので、すごく大事ですよね。

 

 

→私が愛用している首イボ専用のオールインワンジェルはこれ!

 

 

 

膝や肘もツルツル♪

 

首イボ解消のためのオールインワンジェルは、顔や全身にも使えるので、時間がある時は首以外にも塗れます。
特に、すべすべになったのは膝や肘です。

 

 

膝や肘も角質が溜まりやすいので、いつの間にか硬くなってしますよね。

 

なんとかしなきゃ?と思っていた矢先にオールインワンジェルに出会ったので、一石二鳥で助かりました。

 

 

 

首イボにおすすめのオールインワンジェルはこれ

首イボに人気のクリームやオイルはいくつかあります。

 

どれを選んで良いのかわからない!

 

という方もいると思います。

 

「アプリコットカーネルオイル」や「シルキースワン」などオイルタイプのものやクリームタイプのものなどいろいろあります。

 

ポイントは有効成分である、あんずエキスやハトムギエキスがたっぷり配合されているもの!

 

あとは、どのくらい売れているのか?口コミでの評判はどうなのかも気になります。

 

 

いろいろ試してみて、私の一番気に入っているのが「艶つや習慣」というオールインワンジェルです。

 

 

@コスメでも50件以上の口コミがあって

 

  • イボが徐々に小さくなって、完全に目立たなくなった♪
  • 大容量でコスパが良い!全身に使えるのが嬉しい。

 

などの高評価の口コミも多数ありました。

 

中には「全く効果がなかった」という方もいるので、効果には個人差がありそうです。

 

艶つや習慣は、薬ではなく化粧品です。
だから、即効性はありません。

 

でも、コツコツ続けて3ヶ月ほどで効果を実感している人が多いです。私も3ヶ月ほど続けたらポロッとなりました♪

 

使用感なども好き嫌いがありますので、まずは1個試してみてください。

 

初回半額なので、公式サイトからの購入をおすすめします。

 

 

首イボができてから、首元が開いている服が着られなくなりとっても残念でした。
でも今年の夏は、また以前のようにファッションを楽しんでいます♪

 

 

→初回は半額!?艶つや習慣の詳細は公式サイトを確認

 

 

 

まとめ

老人性疣贅の場合、完全にイボを消すためにはどうしても長期的な治療が必要です。これは皮膚科で治療を行っても変わりません。

 

このように、首イボ解消に足のイボコロリを使うと危険なこと、首イボ専用のイボコロリはあるけれども肌が弱いと心配なこと、首イボ専用のオールインワンジェルは意外に効果があったりなど・・・首イボ解消までに色々調べて、かしこくなれたような気がします。

 

首イボで悩んでいる女性に、少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。

 


首イボはイボコロリなどの市販薬で取れるの?関連ページ

首にできたイボの取り方。皮膚科?自宅?どの方法がおすすめなの