化粧水ではほうれい線は消えませんよ!

ほうれい線を消す方法はたくさんあります。

 

表情筋のトレーニングや食生活を考えたりなど、私も色々試してみました。

 

その中でかなり調べて試行錯誤したのがスキンケアです。

 

 

スキンケアのアイテムには化粧水に乳液、美容液、クリーム、オールインワンゲルなどたくさんありますね。

 

だからこそ、どれがほうれい線対策に効くのか?を見極めるのが大変でした。

 

ここでは、ほうれい線対策のためのスキンケアの基礎知識についてご紹介します。

 

 

化粧水だけではなく、美容液やクリームも大事!

 

残念ながら、ほうれい線は化粧水だけでは消えません。

 

ほうれい線対策には、十分な保湿が一番大事ですが、化粧水だけでは十分な保湿が難しいからです。

 

 

化粧水の主成分は水分で、水性の化粧品にあたります。

 

保湿というのは、水分も油分も補給しなければ成り立ちません。

 

 

たとえば、いつも皮脂が多いのでオイリー肌だと思っていたのに、実は乾燥肌だったというケースがありますよね。

 

つまり、インナードライ肌と言って、肌の中が乾いていて、表面は皮脂でオイリーになっている肌のことです。

 

インナードライ肌の人で、いつも皮脂でテカテカだから、化粧水だけのスキンケアを続けていたら、さらに皮脂が多くなったという口コミをよく見かけます。

 

 

それは、化粧水で保湿したけれども、油性化粧品の乳液でしっかりコーティングができていないために、化粧水のうるおい成分が蒸発している状態なのですね。

 

 

だから、皮脂が乳液やクリーム代わりになって肌の表面に皮脂膜を張るからオイリー肌のような状態になるのですね。

 

また、徹底的なほうれい線ケアのためには、美容液も必要です。

 

ここで、クリームと美容液の重要性をわかりやすくまとめますね。

 

 

クリームはコーティング剤

クリームや乳液は、化粧水のうるおい成分や肌の中にあるうるおい成分を蒸発させないためのコーティング剤代わりだと考えましょう。

 

クリームや乳液自体にも保湿成分が含まれているのでコーティングしながら保湿してくれる油性化粧品なのです。

 

 

美容液はスペシャルケア

美容液は、化粧水やクリームだけでは補いきれないスペシャルケア用の成分が含まれたプラスαなスキンケア化粧品です。

 

ほうれい線が目立っているということは、かなり肌質が悪くなっているということですから、美容液でスペシャルケアをするべきです。

 

 

 

美容液はEGF配合かプロテオグリカンがおすすめ!

ほうれい線対策におすすめな美容液は、EGFやプロテオグリカンが配合されたものです。

 

EGFは、上皮成長因子という人間がもともと持っている成長因子の一つで、肌細胞やコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分を生み出す線維芽細胞の働きを活性化する効果があります。

 

 

そして、プロテオグリカンも私たちの体内にもともとある保水成分であり、EGFに似た働きも持っているのです。

 

最近は、顔のたるみや乾燥、シワの改善でEGFやプロテオグリカンといったコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促す成分が注目されています

 

直接、肌を保湿するというよりは、肌のハリを取り戻すために弾力成分を増やしてくれる働きをするので美容液で補給すれば少しずつ肌が変わり、ほうれい線も解消されてきます。

 

 

ちなみに私は、EGF配合の美容液を使っています。

 

確かに、顔のたるみも改善されてリフトアップ効果を感じていますし、ほうれい線だけではなく毛穴の開きも目立たなくなってきました。

 

→ほうれい線対策にオススメ化粧品ランキング

 

 

ほうれい線対策にはどんな化粧水がいいの?

 

ほうれい線対策には、基本的な保湿成分配合のものがおすすめです。

 

ほうれい線の原因は、たるみや乾燥が一番多いので、肌のハリ成分とうるおい成分が必要です。

 

主に、次のような成分が含まれた化粧水を使えば、ほうれい線は少しずつ消えてきますよ。

 

 

セラミド

 

肌の表面にある角質層の中の細胞間脂質の主成分がセラミドです。

 

セラミドが不足すると、細胞間脂質がちゃんと保湿できなくなります。

 

 

細かいシワや肌の乾燥に悩まされている女子に足りないのが、細胞間脂質のセラミドが不足していることがほとんどです。

 

セラミドは年齢を重ねるごとに減るのと同時に、過剰な洗顔やクレンジングで流出して減ることも多いです。

 

セラミドには種類がありますが、おすすめは人間のセラミドと性質を似せたヒト型セラミドです。

 

化粧水の成分表には、「セラミド1」などとセラミドに番号をつけた名前で表記されています。

 

 

 

ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、肌の奥にある真皮層で水分を保ってくれる保水成分です。

 

1gにつき6リットルもの水分を抱え込んでうるおいを保ちます。

 

 

そんなヒアルロン酸も様々な影響で減ってしまいます。だからこそ、化粧水で補うのが大事なのですね。

 

しかし、ひと昔前までのヒアルロン酸は分子サイズが大きく、真皮層まで届いてくれないのが問題でした。

 

最近では、小さい分子サイズのヒアルロン酸があるので、分子サイズをチェックしてから購入しましょう

 

 

 

アミノ酸

 

アミノ酸は、細胞間脂質と同じく、肌の角質層に存在するNMFという保湿因子の主成分です。

 

アミノ酸を補給すれば、セラミドとともに働いて角質層が潤いやすくなります。

 

化粧水に含まれているアミノ酸は、次のような名前のものです。

 

・セリン
・アラニン
・グリシン
・リシン
・アルギニン
・グルタミン酸

 

 

このように、正しく化粧水選びをして、美容液やクリームを加えたパーフェクトな保湿を心がけることで、ハリやうるおいをなくしていた肌はだんだん元に戻り、ほうれい線も目立たなくなりますよ。

 

 

まとめ

ほうれい線対策には化粧水だけでは足りません!

 

クリームで保湿や美容成分を逃さないように、蓋をしてあげること。
そして、美容液でほうれい線に効果のある成分をお肌にしっかりなじませてあげるのが大事です。

 

ほうれい線に効果のある成分としては、EGFやプロテオグリカンなどがいいでしょう。
私は、ディセンシアアヤナスや、アンプルールなどを使っていますよ。

 

 

化粧水は90%が水です。
残りの10%に美容成分や保湿成分が配合されています。

 

ほうれい線をケアしたい!予防したいなら、上記のクリームや美容液を使うとともに、保湿成分の配合された化粧水を選ぶといいでしょう!

 

ほうれい線におすすめの化粧品ランキング

 

 

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料