ほうれい線に効く成分はなに?

ほうれい線は、年齢を重ねるごとにだんだん深くなってきます。

 

それは、肌の奥にある真皮層のハリ成分が少なくなってくるからです。

 

 

真皮層のハリ成分の代表格がコラーゲンですね。

 

深いほうれい線の原因のほとんどがコラーゲン不足と関係しています。

 

 

ここでは、そんな深いほうれい線を薄くする成分をご紹介します。

 

 

ほうれい線の原因はコラーゲン減少?

 

ほうれい線がだんだん目立ってくる原因は、ほとんどがコラーゲン不足です。

 

コラーゲンとは、肌の奥の真皮層というところにある肌の弾力成分です。

 

 

真皮層には、コラーゲンの他にエラスチンやヒアルロン酸などのハリや保湿成分も存在しますが、ハリの主要成分はコラーゲンです。

 

年齢とともにコラーゲンが不足すると、肌のハリを保てなくなるので、顔のシワやたるみが進行します。

 

スキンケアをちゃんとしているつもりなのに、肌がシワシワで元気がないという人はコラーゲンが減っている可能性が高いので、今すぐにでもほうれい線を薄くするためにコラーゲンを増やす対策をしなければいけません。

 

 

コラーゲンは塗っても無駄です。。。

 

コラーゲン配合のスキンケア化粧品やサプリなどの健康食品がたくさん販売されていますね。

 

アンチエイジング対策にと、コラーゲン配合のスキンケア化粧品を使っている人が多いのかもしれませんが、実はコラーゲンを塗っても肌の奥の真皮層までは届かないのです

 

 

それはなぜか?

 

私たちの肌の一番表面側には角質層がありますね。

 

 

角質層には、外の刺激から肌を守るためのバリア層があります。

 

バリア層は異物だと判断したものは一切、それ以上奥には取り込まない性質を持っています。

 

 

だからこそ、バリア層と呼ぶのですね。

 

バリア層がある限り、化粧品に含まれるコラーゲンも異物と判断されて、真皮層にまでは通してくれないので、かなり分子が小さくない限り、肌の奥の真皮層にまでは届きません。

 

 

→ほうれい線に効くおすすめ化粧品ランキングはこちら

 

 

 

コラーゲン生成を促してほうれい線をなくそう!

 

 

コラーゲンを補給するのではなく、コラーゲンを増やす成分を補給して、ほうれい線対策をしませんか?

 

ここで、コラーゲンを増やしたり、減らさないようにするための成分をご紹介します。

 

 

レチノール

 

レチノールは目のたるみ解消にも役立つビタミンAの一種です。

 

レチノールには、 コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出している線維芽細胞の働きを活性化する働きがあります。

 

線維芽細胞の働きが活性化されると、コラーゲンが生成されやすくなるので、肌のハリを取り戻せます。

 

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体もコラーゲンの生成を促してくれます。

 

ビタミンCをそのまま肌に塗っても、成分が壊れてしまいい浸透しないため、肌に浸透するように加工されたのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体を補給すれば、間違いなくコラーゲンが増えるのでほうれい線対策にオススメです。

 

 

 

セラミド

コラーゲンは肌の奥の真皮層にあり、セラミドは表皮層にあります。

 

表皮層は肌の表面側、真皮層は肌の奥にあるのでそれぞれ層が違いますが、二つの層は連携しているのでセラミド不足で表皮層が乾くと、真皮層のコラーゲンも外からの刺激で壊れやすくなります

 

すると、結果的にコラーゲンが減る原因になるのです。

 

 

化粧品に含まれるセラミドには種類があります。

 

 

天然セラミドは、馬や豚から採取したセラミド、ヒト型セラミドは人間のセラミドに似た性質に加工したセラミド、植物性セラミドは米ぬかや小麦胚芽から採取したセラミド、合成セラミドは石油系の原料をもとに化学合成したセラミドです。

 

 

この中で、オススメはヒト型セラミドです。

 

 

ヒト型セラミドは、人間のセラミドに似ているので肌になじみやすく効果が出やすいです。

 

成分表には、セラミド1やセラミド3などのセラミド+数字の名前で表記されています。

 

 

EGF

EGFは上皮成長因子という53個のアミノ酸と3つの分子内結合で作られているタンパク質の一種です。

 

肌の表面にある角質層のターンオーバーを促進したり、コンディションを整える効果があります。

 

 

医療の分野では皮膚の再生治療や皮膚移植の手術に使われているほど、効果があるタンパク質です。

 

EGFが配合された美容液を使うことで、角質層のコンディションが整うので、セラミド補給の効果とともに角質層の保湿力が上がります。

 

 

セラミドとともにEGFも補給すれば、角質のバリア層が強くなるので積極的に補給していきましょう。

 

 

まとめ

肌のハリがなくなったからコラーゲンを補給すればいいのではなく、コラーゲンを増やす成分、角質層をうるおわせて強くする成分を補給していくべきです。

 

コラーゲンが増えて角質層も十分にうるおうようになると、肌の内側からふっくらとリフトアップしてきます。

 

すると、自然にほうれい線も目立たなくなり、見た目年齢もかなり若くなります。

 

 

いくつになっても、ほうれい線のない若々しい顔を保てるようにビタミンC誘導体やレチノールなどを化粧品に取り入れていきましょう。

 

 

→ほうれい線に効くおすすめ化粧品ランキングはこちら

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料