ほうれい線の原因を知って正しいケアを!

笑わなくてもくっきり目立つほうれい線は、なかなか消えなくて困るんですよね。

 

最近、ほうれい線が目立ってきたな?と思った頃にはもう遅くて、ほうれい線を消すための対策も大変です。

 

 

そもそも、どうしてほうれい線ができるのか?すごく気になりませんか?

 

 

やっぱり、年齢のせい?

 

実は、ほうれい線の原因は一つではないのです。

 

 

ほうれい線の原因は加齢だけじゃない?

 

ほうれい線は加齢によるたるみによって起こるとよく言われていますが、実はそれだけではないのです!

 

その証拠に、最近は20代からほうれい線に悩んでいる女子がいるんですよね。

 

→20代なのにほうれい線?原因と対策は

 

 

 

乾燥肌や敏感肌になると肌がシワシワに乾燥するので、ほうれい線が目立ってしまいます。

 

30代?だけが乾燥肌や敏感肌になるわけではないですよね?

 

20代でも、10代でも、何らかの影響で乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。

 

 

あなたのほうれい線は何が原因か?自分でわかっていますか?

 

私のほうれい線の原因は、洗顔のしすぎによる乾燥でした。。。

 

念入りにこすりすぎて、気がつけば乾燥肌に・・・そして、ほうれい線も目立つようになったのです。

 

 

一番多いのは・・・・加齢によるたるみ

 

ほうれい線の原因で一番多いのは、やっぱり加齢によるたるみですね。

 

 

歳をとると、体内の大事な成分は減っていくばかりで・・・ハリのある肌を保つコラーゲンやエラスチンなどの成分はどんどん少なくなっていくのです。

 

すると、肌のハリがなくなって顔がたるみやすくなります。

 

 

たるみは、頬や口元の皮膚にハリがなくなるので重力に逆らえなくなり、皮膚が下にたるむことを言います。

 

 

 

紫外線からの刺激で加速するたるみも原因に!

 

紫外線が肌の奥にまで届くと、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞が傷ついて機能しなくなるのです。

 

すると、コラーゲンやエラスチンが増えにくくなるので、肌のハリがダウンして、ほうれい線の原因になります。

 

 

紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があり、それぞれ波長の長さが違います。

 

UV-Aの波長はすごく長いので、肌の奥にある真皮層にまで届いてしまうのです。

 

真皮層とは、コラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞がある層で、コラーゲンやエラスチンが減ることで、内側からのハリがなくなり、萎れたような肌になってしまいます。

 

 

角質層の乾燥がほうれい線の原因になることも・・・

 

若い女子のほうれい線の原因で多いのが、角質層の乾燥によるものです。

 

肌の表面には、角質層という0.02mm程度の薄い層があります。

 

角質層には、皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質の3つの保湿成分があり、角質層の潤いを保ちながら、外の刺激からバリア層を張って守っているのです。

 

 

その中の細胞間脂質の主成分がセラミドで、角質細胞同士の間で潤いを抱え込みながら埋めるようにして保湿してくれています。

 

しかし、何らかの影響でセラミドが不足すると、角質細胞の間に隙間ができてうまく保湿できなくなってしまいます。

 

 

それによって、肌の表面に小じわなどの細かいシワができて、ほうれい線を目立たせる原因になってしまうのです。

 

 

 

表情筋の衰えもほうれい線の原因

 

肌のハリがなくなることで起こる顔のたるみの他に、顔の筋力の低下によりほうれい線が目立つことも多いです。

 

 

これは、加齢だけではなくて若い女子でも、頬の筋肉をあまり使わないような生活や頬の筋力が落ちてしまうような習慣があると、ほうれい線が目立ってしまいます。

 

例えば、柔らかいものばかり食べていたり、会話をあまりしない、スマートフォンばかり見ているような生活を送っていると年齢に関係なく、顔の筋力が低下して、ほうれい線が目立つようになります。

 

 

あなたは大丈夫?その他にもあるほうれい線の原因!

 

実は、ほうれい線が目立ってしまう原因は、他にもまだまだあるのです。

 

いつも何気なくやってしまっているNG行為がないか?一度チェックしてみてくださいね!

 

タバコを吸う

 

タバコを吸うと血管が収縮するので、かなり血流が悪くなります。

 

すると、肌細胞の隅々にまで酸素が届きにくくなり、年齢に関係なく新陳代謝がダウンして、たるみや乾燥などが起こりやすくなります。

 

また、タバコ1本につき25gのビタミンCが消費されるため、コラーゲン生成が難しくなります。

 

ビタミンCはコラーゲン生成に不可欠なビタミンなので、お肌のハリを保つためにすごく大事なのです。

 

 

糖質を摂りすぎる

 

甘いものや炭水化物ばかりを食べていると、糖質を摂りすぎることで糖化が起こります

 

糖化とは、糖質の摂りすぎで体内に残った糖とたんぱく質が結びついてAGEsという糖化最終生成物が生成されることを言います。

 

 

このAGEsは、コラーゲンを変質させたり、コラーゲンやエラスチンの代謝をダウンさせて、肌のたるみを引き起こします。

 

→糖化対策化粧品ランキング!透過を防ぐスキンケアはこうする

 

 

歯並びやかみ合わせが悪い

 

子供の頃から歯並びや噛み合わせが悪い人は、食べ物を噛みにくいので柔らかいものばかりを選んでしまったり、しっかりと噛んで食べる習慣があまりないので、表情筋が衰えやすく顔のたるみが起こりやすいです。

 

 

うつぶせ寝や合わない枕で寝る習慣

 

うつぶせ寝で寝る習慣がある人は、顔を圧迫した状態で眠っているため、シワができやすく血流も悪くなります

 

また、高すぎる枕を使用していると首が不自然な形になりうつむき姿勢になるので、首や顔がたるみやすくなります。

 

 

うつぶせ寝も高すぎる枕も、スマートフォンを長時間使っている時の姿勢とよく似ているので、顔の筋肉が下がってブルドッグのようにたるんでいきます。

 

すると、ほうれい線が目立つようになるのです。

 

 

 

まとめ

ほうれい線の原因は年齢のせいだけではなく、このようにたくさんあります。

 

30代になってからほうれい線が目立ち始めると、「老けたなぁ。」と思い込む女子が多いですが、実は原因は年齢ではないかもしれません。

 

自分でしっかり原因を突き止めて、正しくほうれい線対策をしていきましょう!

 

 

→ほうれい線を消したい方限定の化粧品ランキング

 

→ほうれい線に効くエクササイズ!1日10分で-5歳

 


当サイトおすすめの人気化粧品はこれ!

 

ディセンシアアヤナスの特徴

当サイトで一押しエイジング化粧品は「アヤナス」です。
 
アヤナスは特許技術により、安全かつ効果の高い成分だけを贅沢に使用しているんですよ。

それに、矢田亜希子さんや渡辺美奈代さん、ほしのあきさん、など多くの芸能人も愛用しているようで、すっごい人気なんですよ。

私はちょっと敏感肌ということもあり、肌に優しい&しっかりと効果のある化粧品を探していたので、ディセンシアのトライアルに飛びつきました。

通常のセラミドを1/20サイズにしたセラミドナノスフィアが配合されていて、しっかりと保湿されているのを実感します。

また、最近言われている糖化にも効果があって、黄ぐすみなどにも効果的です。

トライアルセットが1,480円(送料無料』なので、まだ使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね!

価格 1480円
評価 評価5
備考 送料無料